途中棄権で終わった2018八幡市民マラソン大会。

来年出場されるランナーに向けて何かお伝えできることはないかと考えた結果、トイレとスタートブロックについて書くことにします。




 

トイレ

会場には、

①体育館内の1階、2階のトイレ

②外の観覧席隣のトイレ

③外の体育館の隣トイレ

があります。

そのうち、穴場だったのは、③の外の体育館隣のトイレです。

看板が目印です。

①②のトイレは行列ができていましたが、9:05時点(ハーフマラソンスタートは9:30)で③のトイレは誰もいませんでした。

来年、①②のトイレが混んでいる時は③のトイレがあることを思い出してください。

ハーフマラソンのスタートブロック

事前に、決められたブロック(AとかBとか)はありません。

  • 1時間30分まで
  • 2時間まで
  • 2時間以上

と書かれたプラカードを持った人がいるので、自己申告でその後ろに並びましょう。

ちなみに私は2時間以上の最後尾に並びました。

最後尾から見た写真がこちら。

だいぶ遠いですね。

どのプラカードの列に並ぶかは予め決めておくとスムーズです。

終わりに

参加費1,000円でハーフマラソンが走れる大会なんて他に聞いたことがありません。

八幡市さんのおかげです。

そして、今年の豚汁は抜群に美味しかったです。

今までマラソン大会で食べた中でダントツ1番です。

来年は1時間30分以内のブロックに並んで、元気にゴールしたいと思います。

では、みなさま、よいランを。

おしまい。

関連記事

更衣室とか諸々のレポートは2017のこの記事をどうぞ。

参加費が一番安いハーフマラソンかも。八幡市民マラソン2017に出てきた