トラック

2021年3月13日初めてATT(アマガサキタイムトライアル)に参加しました。

私ごときの普通の市民ランナーがエントリーするには勇気が必要でしたが、参加してみると非常に良かったので何が良かったのかを語ります。

 

ATTとは?

ATTとは

​通称、アマガサキタイムトライアル。

“ワンコインで最高の思い出を!”

をテーマに

ベイコム尼崎陸上競技場にて

約2ヶ月に1回の頻度で開催している

非公式の陸上競技会です。

引用:ATT アマガサキタイムトライアル

ATT(アマガサキタイムトライアル)とは兵庫県尼崎市にあるベイコム尼崎陸上競技場で開かれている非公式のトラックレースです。

ベイコム尼崎陸上競技場の場所

JR尼崎駅から約1キロ、徒歩10分ほどで公園入口に到着し、入口から徒歩5分くらいで陸上競技場入口に着きます。

ランナーならジョグで楽勝な距離ですね。

中央ゲートから入って受付をします。

受付

受付ではやることは以下の3つです。

  1. 自分が出走する組の名簿の自分の名前の横にシールを貼る
  2. 参加費を貯金箱に入れる
  3. ゼッケンとピンを受け取る(レース後返却必要)

ATT(アマガサキタイムトライアル)の良さ

では、ATT(アマガサキタイムトライアル)の素晴らしい点を語っていきます。

細かくペーサーが付く

大きなマラソン大会だと4時間とか3時間とかのペーサーが付きます。
サブ4やサブ3を狙っているランナーには心強い味方ですよね。

そのペーサーがATTでも付きます。

しかも、細かく。

例えば、第96回ATT(5000メートル)のぺーサーの設定タイムは次のとおりです。

15分40秒
16分00秒
16分30秒
17分00秒
17分30秒
17分45秒
18分00秒
18分30秒
18分45秒
19分00秒
19分15秒
19分30秒
20分00秒
20分30秒
21分00秒
21分30秒
22分30秒
23分00秒

15秒とか30秒ごとにペーサーが付きます。
ぜいたく過ぎませんか?

第95回大会(2021年3月13日開催)で私は18分30秒のペーサーの方のおかげで自己ベストを更新する18分18秒を出せました。

第96回大会(2021年5月29日開催)では18分00秒のぺーサーの背中を追い続け、17分48秒という実力以上のタイムを出すことができました。

これだけ細くペーサーが付けばあなたの目指す設定タイムもあるはず。
自己ベスト更新の力強いサポーターとなってくれることでしょう。

陸連登録してなくても、初心者でも参加可能

マラソン大会に何度も出場している市民ランナーであっても、トラックレースへの参加は少しハードルが高いものです。

「トラックレースなんて学生時代から陸上をやっていた人が出るもんでしょ?」

「市民ランナーでも陸協登録しているガチランナーが出るもんでしょ?」

「私達のような普通の市民ランナーとは違う世界のお話でしょ?」

などと思いがちです。(私はそうでした。)

そんなトラックレースに尻込みしているランナーもATTでは暖かく迎えてくれます。

運営の方々が「5000m20分以上のランナーを大切にしよう」と考えてくれていることが、運営の外村さんのnoteを読めばわかります。

過去大会の結果はHPにアップされていますので、「自分と同じくらいのタイムの人もいるやん!」と思われたランナーは恥ずかしがらないで、モジモジしないでエントリーしてみて下さい。

ネット中継あり

  • ATTを走る友達の応援に行きたいけれど、用事があって行けない。
  • 緊急事態宣言中なので無観客開催になった。

そんなときはネット中継で応援しましょう。

You Tubeライブで中継があります。

ツイッターで@amagasakiATTをフォローしておけば、ネット中継のお知らせが届きますよ。

また、HPにアーカイブが残っているので、走ったあとで自分のレースを動画で振り返るのもおすすめです。

記録はすぐに会場に貼り出される

走り終わった後に知りたいのは自分のタイムですよね。

ATTでは、レース後のタイムはこんな感じですぐに張り出されます。

ゴール後、呼吸を整えてダウンジョグして戻ってきたら張り出されているくらいの時間感です。

なお、記録は後でメールでも届きます。

写真がアップされる

競技中、ミヤノシタスポーツさんが写真を撮影してくれています。

その写真が組ごとにフェイスブックにアップしてくださいます。

『#ミヤノシタスポーツ』のタグを入れれば写真を無断転載しても良いなんて太っ腹です。

料金

500円!

本当にワンコインです。

ありえない価格設定です。

運営者の熱い思い

大会運営ほど大変で楽しいものはない!

大会運営代表の外村翼さんはそうおっしゃいます。

素人目にも大会の運営は大変だろうと思います。
その大変さを乗り越えてでも運営を続けることは楽しいという外村さんの思いが次のnoteから読み取れます。

運営さんの思いを知っておくとよりATTを楽しめると思います。

ATTの注意点

エントリーのクリック合戦が激戦です。

(奈良マラソンのエントリー合戦より厳しいです。)

第96回大会は、エントリー開始2分ほどで満席となりました。

これは、私の申し込みチケットなのですが、ノーミスでスムーズにエントリーできたと思っていたら、定員100人中99番でした。
ギリギリでしたね。

TwitterFacebookで大会開催情報が届きますので気になる方はフォローしておきましょう。

おわりに

第96回大会の女子3000メートルの後「7年ぶりの自己ベスト!」と喜びを爆発させていらっしゃる女性ランナーをお見かけしました。

子供のようにはしゃぐその姿に、私は「わかる!自己ベスト嬉しいよね、それが7年ぶりなんかだと最高じゃん!今までの7年間が報われるよ。おめでとうございます。」と心の中でつぶやいたのでした。

その後の組で私も自己ベストを更新し、うれしくてスタッフさんにこんな写真を撮ってもらいました。

ニヤけた顔をしています。

いい大人が本気で走って本気で楽しむ、それがATTの醍醐味ではないでしょうか。

さて次回、第97回大会(2021年7月3日)は1500メートルでの開催です。

エントリー開始は6月26日(土) 22:00~です。

クリック合戦がんばりましょう。

おわり。